テキトーで自己満裁量トレード

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テクニカル分析の入門書として『先物市場のテクニカル分析』 がオススメ。
ダウ理論、トレンド、レジスタンス、サポートなどの基本的なテクニカル分析に必要な事を学ぶには十分じゃないでしょうか。
オシレーター、ポイントアンドフィギュア、エリオット波動理論、フィボナッチまでカバーしてあり、気になる分野は別の書籍等で知識を深めれば良いと思います。
20年ほど前の書籍ですが、チャートの基本は昔も今も変わっていない。そして、これからも変わらないであろうと思える1冊です。
テクニックやメンタルも必要でしょう。しかし、基礎体力がなければ何も出来ません。
スポンサーサイト
FXを始めて3ヶ月。失敗や反省、試行錯誤を繰り返し、ようやくスタート地点に立ったという感じ。
最初の1ヶ月は何の知識も持たず、ただ闇雲にド短期売買の繰り返し。ドル/円ロングのみでショートを持つ感覚すら分らない状態。最初の数回ビギナーズラックがあったものの、当然、勝てるわけもなくマイナス。
含み損なら、ただただ回復を祈るだけ。益がでても耐えきれず利確。利小損大。
これではイカンと、FXブログを巡回し、書籍を読んだり本腰を入れて取り組むことに。
まずは、取引ルールと自分に合ったトレードスタイルを確立することが必要だと知りました。
テクニカル指標を組み合わせたシステムトレード的なものを試してみるも、自分にはあまり合わないと感じました。
そこで、有料のポジション配信サービスに知恵を借りながら裁量トレードの勉強を始めました。
入会初月は配信サービス最大損失の月とツイてないながらも継続。いろんなことを少しずつではありますが学ばせていただいてます。そのへんの事はまた別の機会に改めて書いてみます。
投資は自己責任ですから、自分が納得できるやり方なら何でもいいのじゃないでしょうか。
勝っても負けても自分の責任。相場が答え。チャートに聞く。割りきってやるのが一番です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。